中国ビジネス情報

アンジェラトレーディング「大阪」業務内容 中国貿易・中国進出 完全サポート 輸出入通関・国際物流・外貨決済処理・貿易実務代行・工場紹介・問屋買い付け・中国会社登記代行・関連申請代行・中国ネット販売代行 無料相談致します!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1)駐在員事務所の課税を強化
- 在上海日本総領事館に緊急インタビュー -

2010年2月2日に公布された「外国企業常駐代表機構税収管理暫定弁法」
により、在中国駐在員事務所に対する課税強化の方向が打ち出されたが、
   解釈が不明確のため、駐在事務所を持つ日本企業に戸惑いが広がってい
る。ジェトロは、その解釈について、在上海日本総領事館の竹内啓領事
に緊急インタビューした。

 2)外商企業に中国個人投資家の出資を解禁 - 上海市、5月1日から -

上海市浦東新区では全国に先駆けて、これまで禁止されてきた外商(中
外合資・合作)企業への「境内自然人」(中国の個人投資家)の出資が
解禁された。国が認めた「総合改革試験権」を発揮し、上海が目指す国
際金融センターの牽引役として、浦東新区は今後もさまざまな金融・投
資政策の実施を試みる場になる見通しだ。

 3)アリババ集団、日米のオンライン卸・小売市場に進出

電子ビジネス大手のアリババ集団が4月26日、「全球速売通(Alipress)」
という新しい取引サイトを開設した。中国の中小事業者は同サイトを通
して、米国市場向けの小売りと少ロット卸売り業務を展開できる。また、
同集団傘下の小売り取引サイト「淘宝網」とヤフー・ジャパンは業務提
携し、日中間のオンライン小売り業務を実現しようとしている。

 4)「モノのインターネット」産業発展促進計画、上海市も発表

上海市はこのほど、「モノのインターネット(IOT)」産業を育てるた
めの発展促進計画を発表した。嘉定区、浦東新区に産業基地を設け、セ
ンサーなど6つのコア技術分野の研究開発、10分野での応用を進める方針
だ。IOTは将来の基盤技術として政府や企業に注目されており、上海市は
江蘇省無錫市より後れを取ったが、後者の計画よりきめ細かく具体的だ。

5)急ピッチで建設進む地下鉄網 - 建設コストは20年間で半分以下に -

各都市で地下鉄を主力とする軌道交通の建設が急ピッチで進んでいる。
最新の報告によると2010~15年の投資総額は1兆元を超えるという。既に
地下鉄では総延長世界一の上海市は、20年までにさらに総延長を2倍にす
る計画だ。政府・企業は関連技術の自主開発に力を入れており、建設コ
ストは20年前と比べ半分以下になっている。

 6)太陽光電池への過剰投資を抑制 - 政府主導で産業連盟設立 -

政府は5月17日、太陽光電池への投資過剰を防ぐため、尚徳などのメー
カーに太陽光発電産業連盟を設立させた。メンバー企業の今後の投資を
指導するほか、技術力の向上と工業規格の制定も行う。中国の太陽光電
池と原材料多結晶シリコンの生産能力は急増しており、2009年の太陽光
電池の生産量は世界一、全世界の4割を占めた。

 7)自動車、インフラ整備関連が急伸、貿易関連は低迷
- 09年優良企業ランキング -

2009年度は金融危機による世界的な不景気にもかかわらず、優良企業
100社の売上高は増加し、安定経営が続いた。中でも内需拡大策の追い
風を受けた自動車や鉄道関連などが好調だった。対照的に、海運や紡績
など輸出入に関連する企業は低迷した。

省エネルギー・環境保護】
1.中国節能投資と新時代集団が再編、「中国節能環保集団」が発足
2.生活ごみ処理のガイドライン公布、ごみの無害化処理技術を具体化
3.発改委・電監委・能源局、エネルギー多消費企業向け優遇電力価格廃止
4.中央企業の「節能減排」目標ほぼ達成、昨年878億元を投資

【エネルギー全般】
5.鉱産地における戦略備蓄、石炭とレアアースから開始
6.ペトロチャイナがガス不足に対応、2015年までにガス備蓄庫10カ所増設

【新エネルギー】
7.上海市はスマートグリッド産業推進方案を公布、産業規模500億元に
8.個人向け新エネ車普及策が間もなく公布、最高補助額6万元

省エネルギー・環境保護】
1.中国節能投資と新時代集団が再編、「中国節能環保集団」が発足
2.生活ごみ処理のガイドライン公布、ごみの無害化処理技術を具体化
3.発改委・電監委・能源局、エネルギー多消費企業向け優遇電力価格廃止
4.中央企業の「節能減排」目標ほぼ達成、昨年878億元を投資

【エネルギー全般】
5.鉱産地における戦略備蓄、石炭とレアアースから開始
6.ペトロチャイナがガス不足に対応、2015年までにガス備蓄庫10カ所増設

【新エネルギー】
7.上海市はスマートグリッド産業推進方案を公布、産業規模500億元に
8.個人向け新エネ車普及策が間もなく公布、最高補助額6万元

【電力事情】
9.4月電力消費は続増、省エネ・排出削減のため火力発電1,000kWh撤廃

四川省・重慶市レポート≫≫-----------------------------------------

【統  計】
1.四川省への1~4直接投資、外資契約額は、前年比同期比で倍
2.重慶市の固定資産投資、1~4月は31%増、2500件以上が新規着工

【政策動向】
3.三峡ダム地区に国費1,225万元を投入し湿地自然保護区を建設

【投資環境】
4.重慶市とカナダ、中国では初となる内陸港協定を締結 
5.重慶市、「1時間経済圏」の中小企業向けに総額100億元を融資

【産業動向】
6.重慶長安汽車、4月の販売台数は23%増、今年1~4月では68%増
7.重慶宗申動力、米電池企業と合弁で車載用充電池生産へ
8.湛江市商業銀行、重慶に全国3箇所目の支行を開設
9.四川一汽トヨタ、成都新工場の生産を開始
10.電子書籍端末の漢王科技、重慶市北部に工場建設
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anjellajapan.blog57.fc2.com/tb.php/36-1c0f21d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:中国 SEO対策:大阪 SEO対策:自営業 SEO対策:輸入 SEO対策:問屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。