中国で銀行口座開設「オフシュア」サービス

アンジェラトレーディング「大阪」業務内容 中国貿易・中国進出 完全サポート 輸出入通関・国際物流・外貨決済処理・貿易実務代行・工場紹介・問屋買い付け・中国会社登記代行・関連申請代行・中国ネット販売代行 無料相談致します!
中国貿易のことならなんでも無料相談随時受付中
現在自営業者さん、独立開業を考えておられる方、中国貿易をやってみませんか? タオバオなどのネットショップ開業など無料で気軽にご相談出来ます。左のお問い合わせボタンからご連絡を下さい!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外で資産構築・資産防衛
日本では危ない。海外投資に関心のある方へ魅力的な商材をご案内いたします。

qhm_logo1.jpg


香港HSBC口座開設サポート
正式名称:The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited
日本語名称は香港上海銀行。
イギリスの金融グループ「HSBCホールディングス」の傘下。

HSBCは2008年、米フォーブス誌が発表した世界有力企業番付で、
2000社のノミネートの中から1位を受賞。
米系以外の企業が同賞を受賞したのは初めて。
また同年、英国の金融専門誌「ザ・バンカー」が行っている世界の主要銀行調査において、
長きに渡る米系銀行の首位独占を覆し1位を受賞した。
当サイトは口座開設をサポートするサイトです。
銀行業務を代行するものではございません。

untitled1.jpg

経営者は海外口座を持っている
海外の銀行口座を持つ経営者が増えています。
投資用ではなく、資産を分散するためです。
取引先からの訴訟リスクなどに備えて、
誰にも知られない資産を確保したいのでしょう。

日本から一番近いオフショア地域、
香港にある世界一の銀行、HSBC。

あなたもこのHSBC 香港に口座開設をして、
今後の海外投資、資産分散、
法人口座開設における足がかりとして活用していきましょう!

untitled.jpg


香港HSBCの口座開設に際し、以下の書類が必要です。

口座開設本人のパスポート
英文の住所証明(公共料金の請求書、銀行の残高証明など。銀行で発行してくれます)
現金(預け入れる香港ドル) また、ご本人様が一緒に開設する支店に行かなくてはなりません。
口座開設だけのために香港に出張するのもコスト的に不利ですので、
旅行や出張など何かのタイミングでおいでいただければとおもいます。

※開設する支店によっては日本人の口座開設を認めないところもありますが、
支店を変更すれば通常は開設できます。
スポンサーサイト
中国銀行口座開設サポート

中国銀行に人民元口座を作ろう
人民元の銀行口座を、中国銀行で開設しませんか?
アメリカに代わり次の世界の覇権国ともいわれる中国、
昨今の金融危機でもいち早く回復の兆しをみせ、そ
の経済的躍進は目覚ましい限りです。
GDPでは既に日本を追い抜き世界2位の規模になりました。
広大な国土と人口を抱える中国が先進国の文化や
技術を取り入れこれからさらに発展していくのは必然的なことといえます。

当サイトではそんな中国の中でももっとも大きな中国銀行で
口座を開設するサービスを提供しています。
さらなる経済規模の拡大や人民元の切り上げが期待されている
中国の銀行で口座を開設し活用してみませんか?

弊社は口座開設をサポートするサイトです。
銀行業務を代行するものではございません。

qhm_logo.jpg

口座は、中国全土で開設可能です。
口座開設のツアーではございませんので
旅費や宿泊費は含まれておりません。


口座を開設するには本人が中国の銀行に来ていただく必要があります。
当社スタッフが同行しサポート致します。
上海または珠海にて旅行や仕事のついでに
口座を作るのが便利だとおもいます。

中国銀行で口座を持つメリット
全国に支店のある銀行で、中国の中で一番大きい銀行です。
ATMも全国にたくさんありますので、
都市部でない場所に滞在する場合も心配いりません。

海外に約30ほど支店があり、
日本の東京、大阪にも支店があります。

ネットバンクもあり、外貨も様々な種類のものをたくさん持っていますので、
中国に滞在している外国人にとっては比較的利用しやすい銀行と言えるでしょう。

利息は
普通預金で年利0.36%、
5年定期で年利3.6%の高い利息が付きます(2009年1月)。
ほとんど利息のつかない日本の銀行より有利です。
普通預金 利率0.36%
定期預金 利率 1年 2.25% 3年 3.33% 5年 3.6%

untitled2.jpg


人民元切り上げの期待
諸外国の通貨に対して人民元は値上がりしていく可能性が高いです。
諸外国は中国に対して人民元の切り上げを強く要求しています。
中国は貿易上の戦略的な意図から人民元の切り上げを抑えていますが
経済規模の拡大により抑えきれなくなってきていることも事実です。

untitled3.jpg
SEO対策:中国 SEO対策:大阪 SEO対策:自営業 SEO対策:輸入 SEO対策:問屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。